阿南市や小松島市で、交通事故、肩こり、腰痛でお悩みの方は、阿南・小松島坂口鍼灸整骨院・整体院にお任せ下さい!

..

セーバー病(シーバー病)

  • 踵に痛みがある
  • 靴を履くと踵が当たって痛い
  • 踵に炎症反応がある
  • つま先立ち歩きになる
  • 踵の骨がボコッと出ている

セーバー病(シーバー病)は、踵骨(かかとの骨)に起こる骨端症のことで、10歳前後の男子(特にサッカーをしている子)に起こりやすいと言われています。

骨端症とは、成長期に「骨端線」と呼ばれる部分が閉鎖していないことにより炎症反応が起こる症状のことを言い、セーバー病は、別名「踵骨骨端症」とも言われています。

セーバー病の原因

成長期の骨端の中には「骨端線」と呼ばれる力学的に弱い部分が存在します。

骨端線は、大人になるにつれて閉鎖していくのですが、それまでに骨端線の外にある骨端に過度なストレスが加わり続けると骨端症を発症することになります。

その骨端症が踵で起こったものをセーバー病と言います!

踵の骨端にはアキレス腱などの筋肉が付着しており、アキレス腱などの収縮に伴ったストレスを常に受け続けています。

10歳前後の男子は、ランニングやダッシュなどの繰り返しでアキレス腱が常に収縮と弛緩を繰り返しています。

それにより踵の骨が常に引っ張られ続けて中にある骨端線に炎症が起こってきます。

 

坂口鍼灸整骨院が行っている施術

当院ではセーバー病の患者様に対して、

「ハイボルト療法」を行っていきます!

 

ハイボルト療法とは、電気の機械を使った施術方法で、痛みを取ることに特化した施術になります。

セーバー病は骨端症なので、骨が成長して骨端線が閉鎖しないことには症状が完治することはありません。

ですが、痛みがあるのにそのまま放置しておくと、痛みを庇うことによって踵以外の骨や筋肉に負担がかかり続けるので、当院ではハイボルト療法を使って痛みを0or出ても2〜3割ぐらいに治めていきます!

 

ハイボルト療法は、炎症を抑える作用に優れているので、スポーツをしている学生の方には練習後や試合前などにハイボルト療法をすることにより、炎症を抑えることが可能になります!

 

ハイボルト療法では、セーバー病の原因であるアキレス腱やふくらはぎの筋肉に電気を流していくのはもちろん、踵を庇うことによって負担がかかる筋肉にも電気を流して踵の痛みを取り除いていきます!

 

お問い合わせはこちら!

阿南市 坂口鍼灸整骨院・整体院 電話予約:0884-24-9688阿南市 坂口鍼灸整骨院・整体院 交通事故専門ダイヤル:070-5515-7597

小松島市 坂口鍼灸整骨院・整体院 電話予約:080-6285-6968小松島市 坂口鍼灸整骨院・整体院 交通事故専門ダイヤル:070-5515-7597

TOPへ戻る
  • 治療家大募集!
  • 受付カウンセラー大募集!

徳島県阿南市阿南坂口鍼灸整骨院・整体院スタッフブログ

  • 交通事故によるむちうち専門治療
  • マスターカードとビザのクレジットカード決済がご利用できます
  • 坂口整骨院グループのSNS
  • インスタ
..