阿南市や小松島市で、交通事故、肩こり、腰痛でお悩みの方は、阿南・小松島坂口鍼灸整骨院・整体院にお任せ下さい!

阿南・小松島坂口鍼灸整骨院・整体院スタッフブログ
阿南・小松島坂口鍼灸整骨院・整体院のメニュー

「かかと」の痛みが出ている少年・少女へ!

2020年06月17日

皆さん、こんにちは!
小松島坂口鍼灸整骨院の須原です。
本日は、スポーツをしている少年・少女に発生しやすい「踵(かかと)」の痛みについてご紹介していきます。
踵の痛みを訴えることが多いのは、サッカーをしている男の子に多いといわれています。
この時に、注意していただきたいのが、 「セーバー病」という症状があるということです。
セーバー病は、 「骨端症」という総称名があり、その中の特に踵の痛みを訴えている症状をセーバー病といいます。
骨端症には、代表的なものに、 「オスグッド・シュラッター病」といわれる、膝の痛みを訴える症状もあります。
セーバー病などの骨端症は、使い過ぎによって起こってくるものです。
セーバー病では、踵の骨にアキレス腱が付いているため、そのアキレス腱が繰り返し収縮を起こすことによって、踵の骨の端が炎症を起こして痛みが出るものになります。
踵の痛みがセーバー病かどうかは、レントゲンを撮らないことには確定できないものになりますので、少しでも気になる方は、一度、整形外科を受診することをオススメします。
セーバー病ではなく、単純な踵付近の筋肉や靭帯からくるの痛みですと、当院で行っている「ハイボルト療法」でしっかり痛みを取ることが出来ます。
セーバー病の場合も、ハイボルト療法で痛みを取ることはできますが、痛みが再発することが多いため、根本的な解決にはなりません。
セーバー病は、成長に伴って、踵の骨がしっかり出来てくると、痛みが出なくなりますので、お子様がセーバー病と診断された保護者の方もご安心していただければと思います。
本日は、踵の痛みについてご紹介してきました。
最近は、コロナウイルスの流行も少し落ち着いてきて、学校や部活動も始まって、久しぶりに体を動かすことが多くなり、疲労が溜まりやすい状況になっていますので、 少しでも違和感などを覚えた場合には、当院にお気軽にご相談ください!

 

足関節捻挫になったことがあるあなたへ。

2020年06月16日

皆さん、こんにちは!

小松島坂口鍼灸整骨院の須原です。

本日は、スポーツをしている方に1番起こりやすいと言っても過言ではない、

「足関節捻挫」について、ご紹介していきます。

足関節捻挫は、競技で言うと、

バスケット・バレー・サッカーをしている選手に多いと言われています。

足関節捻挫は、 内反型と外反型の2種類に分かれます。

これは、受傷の仕方に違いがあり、

内反型は、足の内側が上を向く様に足を捻ったときに起こり、足関節の外側の靭帯が損傷されるものになります。

外反型は、足の外側が上を向く様に足を捻ったときに起こり、足関節の内側の靭帯が損傷されるものになります。

足関節捻挫のほとんどは「内反型」になります。

なので、捻挫をしている人は、足の外側が痛いと訴えることが多く、足を浮かせると足がやや内側に向いたりなどしてブランブランしている状態になります。

スポーツをしている方はもちろん、していない方でも、日常生活で発生することもあり、米国では、1日に23000件の発生が起こると言われています。

靭帯が損傷されているため、内出血や腫脹などが現れて、それに伴い、可動域の制限などもみられます。 重度の場合には、靭帯が断裂したり、靭帯が付いている骨が骨折したりすることもあるため、たかが捻挫だと思って甘く見るのは危険です。

当院では、足関節捻挫に対して「ハイボルト療法」という特殊な電気の機械を使った施術を行っています。

この機械は、筋肉や靭帯が原因で痛みが出ている症状の場合には非常に除痛効果があるため、こちらの機械を使って施術を行っていきます。

施術後は、足関節のテーピングもさせていただきます。 テーピングで正しい位置に固定すると治りも早くなりますので、そちらもさせていただきます。

本日は、足関節捻挫についてご紹介してきました。

最近は、部活動を再開しているとこも多くなってきて、怪我のリスクも上がってきておりますので、少しでも気になることがあれば、当院にお気軽にご連絡ください!

膝のお皿の下が痛いあなた。それはジャンパー膝かも。。。

2020年06月8日

皆さん、こんにちは! 小松島坂口鍼灸整骨院の須原です。

本日は、膝の下側が痛くなる症状「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」についてご紹介していきます。

まず始めに、ジャンパー膝になる原因をご説明します。

原因は、簡単にいうと、「使い過ぎ」です。

ジャンパー膝は、ジャンプ動作を頻回に行う、バスケットボールやバレーボールなどのスポーツをしている方に多くみられます。

ジャンプ動作を繰り返すと、太ももから膝下までつながっている「大腿四頭筋」といわれる筋肉が伸び縮みを繰り返します。

膝蓋靭帯とは、大腿四頭筋が膝下に付くときに形成される靭帯のことをいうので、 その靭帯が伸び縮みを繰り返し続けると、微細な断裂が起こったり、炎症症状が出てくるものがジャンパー膝になります。

症状としては、運動時の膝下の痛みや膝下を押したときの圧痛などが主になります。

症状が進行すると、運動をしてなくても常に痛みを伴ったりすることもあります。

屈伸のように、膝を深く曲げたときなどに痛みが出た経験はございませんか?

そういった方は、ジャンパー膝の可能性があるので、是非一度、当院にご相談ください!

当院では、症状の重さによっても変わりますが、基本的に、「ハイボルト療法」という電気の機械を使って、炎症を抑えていく施術をしています。

ジャンパー膝は、場合によっては、3ヶ月以上症状が続いたり、靭帯や腱が断裂する場合もあります。

こうなると、手術適応になってしまうので、痛みが出たら、早め早めに痛みを取り除くことが必要になります。

ハイボルト療法は、筋肉や靭帯が原因で痛みが起こっている症状に対しては、非常に除痛効果が強いものになるので、痛みが出ているときは、非常に効果的です。

本日は、ジャンパー膝についてご紹介してきました。 上記の症状に身に覚えがある方などは、お気軽に当院にご相談ください!

ホームページ http://expand-a.net

住所 小松島市日開野町破閑道35-1マルナカ敷地内

TEL0885-38-9290

診療時間
月~金
午前9時15分~12時  午後15時半~20時
土曜日
午前8時15分~17時半
日曜日
午前8時15分~12時

お問い合わせはこちら!

阿南市 坂口鍼灸整骨院・整体院 電話予約:0884-24-9688阿南市 坂口鍼灸整骨院・整体院 交通事故専門ダイヤル:070-5515-7597

小松島市 坂口鍼灸整骨院・整体院 電話予約:080-6285-6968小松島市 坂口鍼灸整骨院・整体院 交通事故専門ダイヤル:070-5515-7597

TOPへ戻る
阿南・小松島坂口鍼灸整骨院・整体院のメニュー