阿南市で、交通事故、肩こり、腰痛でお悩みの方は、阿南坂口鍼灸整骨院にお任せ下さい!

阿南坂口鍼灸整骨院スタッフブログ
阿南市阿南坂口鍼灸整骨院整体院のメニュー

交通事故に遭った時にすべきことNo.1!徳島県阿南市 阿南坂口鍼灸整骨院

2018年02月20日

こんにちは。

 

徳島県阿南市にある阿南坂口鍼灸整骨院です。

 

雪が降ったり、風が強かったりと、

 

天気が不安定な日が続いております。

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

インフルエンザやノロウィルスが流行っています。

 

身体のケアをしっかりして、予防に心掛けましょう。

 

今回は、交通事故に遭った時にすべきことをお伝えいたします。

 

1.ケガ人の救護と道路上の危険除去

 

まず、交通事故に遭った際、何よりも優先的に行うことは、

 

「ケガ人の救助」です。

 

負傷者を速やかに救護してください。

 

その際、交通の妨げにならないように、車を安全な場所へ止め、

 

エンジンを切り、停止表示機材があれば設置をしましょう。

 

二次被害が起こらぬよう、負傷者が軽傷であれば、

 

すぐに安全な場所へ移動してもらいます。

 

重傷の場合はむやみに動かさず、救急車の到着を待ちます。

 

119番に通報する際は、

 

交通事故であることと、事故が起こった場所、

 

どのような事故であるのか、負傷者の状態と通報者の氏名と連絡先を

 

落ち着いて伝えましょう。

 

もしもあなたが加害者であれば、「事故処理」を確実に行うことが

 

とても重要です。

 

怪我の程度や事故の大きさ、物損の有無などを

 

軽々に自己判断をして、その場を立ち去ってはいけません。

 

これは、「交通事故の措置を怠った」として、

 

道路交通法117条に基づき、「ひき逃げ」「当て逃げ」として

 

罪に問われることになる可能性があるからです。

 

2.必ず警察に届け出る

 

急いでいる、会社に知られたくない、面倒事は避けたい…

 

など、怪我や物損が大したことはない、と思われる場合でも、

 

当事者同士ですぐに話をつけようとせず、

 

事故の大小に関わらず必ず警察に届け出ましょう。

 

届け出の義務はまず加害者にあるので、

 

もし、あなたが被害者であっても速やかに警察に届け出ましょう。

 

加害者から、「後で警察に届けておくので」と言われても、

 

それが守られるとは限らないからです。

 

また、警察への届け出を怠ると、損害保険会社に保険金を請求する際に必要な、

 

「交通事故証明書」が発行されません。

 

この証明書がなければ、たとえ後からむち打ち症の症状が出たとしても、

 

事故に対する損害賠償請求は原則出来ませんので、

 

必ずその際には警察に連絡を入れ、加害者がいる現場ですぐに

 

「供述調書」を取ってもらいましょう。

 

その際に、担当した警察署の連絡先と警察官の役職及び名前を確認して、

 

メモを取っておくことも大切です。

 

3.加害者と加害車両を確認する。

 

もし、交通事故の被害者になってしまったら、

 

警察や救急車の到着を待っている間には必ず加害者の情報を確認しておきましょう。

 

加害者の氏名、住所、自宅と携帯電話の番号、勤務先と電話番号、自動車の登録ナンバーを

 

確実にメモを取り控えておきます。

 

相手が名刺を出してきても、名刺だけでは本人であるか確認できるとは限らないので、

 

必ず免許証をチェックしておくことが大切です。

 

免許証や車検証を携帯電話の写真機能などで撮影しておきましょう。

 

また、加害者がタクシーや運送会社のように業務車両だった場合は、

 

勤務先の会社名、住所、電話番号、担当者も確認します。

 

さらには、自賠責保険や任意保険の保険会社の連絡先についても聞きましょう。

 

このとき絶対にやってはいけないことがあります。

 

それは「示談交渉に応じてしまう」ことです。

 

不確実な内容の念書などを書いてしまったりすると、

 

後日その内容に変更があったとしても、

 

賠償請求が出来なくなってしまうおそれががあるからです。

 

このように、事故が起こった際は早急な対応が必要です。

 

自分勝手な判断はせず、まずは落ち着いて状況や警察への連絡などを行いましょう。

 

事故のケガでお困りの方は、是非当院へご相談下さい^^

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

交通事故Q&A 徳島県阿南市 阿南坂口鍼灸整骨院

2018年02月9日

 

こんにちは!

阿南坂口鍼灸整骨院の村井です。

 

 

風が冷たくなりましたね~。

 

 

なんと!

 

 

 

徳島県でも連日雪が降っています!

 

 

雪による渋滞はもちろん

 

 

 

 

交通事故がかなり多く発生しております。

 

ご自身が事故を起こしてしまう可能性はもちろんありますが

 

 

相手から事故をもらう可能性も高くなります!

 

本当に気をつけてくださいね!

 

 

 

事故件数が増えているということで今日は交通事故に関して

 

簡単にQ&A方式でお伝えします。

 

 

Q.交通事故にもしも遭ってしまったら、何からすればいいの?

 

A.何よりもまずはケガ人の救助を行ってください。

軽傷な場合はすぐに安全な場所へ、重傷な場合はすぐに救急車を呼び

むやみに動かさず救急車の到着を待ちましょう。

 

また、二次災害を起こさないよう

交通を妨げないように安全な場所へと車を動かし、エンジンを切って

停止しているのが分かるよう表示機材を設置するようにしましょう(機材があれば)。

 

 

Q.被害者だけど自分から警察にいうべき?

 

A.被害者も必ず警察に届け出ましょう。

 

 

加害者から後で警察の方に届けておきますと言われても、

それが必ずしも守られるとは限りません。

 

事故の大小にかかわらず警察へは届け出をしなければなりません。

 

 

Q.自賠責保険と任意保険の違いってなんですか?

 

A.自賠責保険は強制保険とも言われており、

被害者(怪我をした人)が最低限の補償を受けられるよう

加入が義務付けられている保険です。

 

任意保険は法律上、加入が義務付けられてはいない保険です。

 

 

ただし、自賠責保険のみでは補いきれない事もあるので注意が必要です。

もしもの時の為に入っておくことをお勧めします。

 

 

Q.治療費はどこに請求すればいいの?

 

A.基本的には加害者側の任意保険会社です。

 

また、その際に医師の診断書があれば良いです。

まずはあまり痛みを感じていなくても念の為に病院に行きましょう。

 

 

Q.事故直後は何ともなかったのに次の日ぐらいから首すじに痛みが出てきました。

これってむちうち?

 

A.むち打ち症である可能性が非常に高いです。

事故直後は衝撃で身体が興奮状態にあるので痛みや違和感などの

身体の異常に気づけない場合があります。

 

なので次の日から痛みなどの症状が現れることも少なくないですね。

 

Q.むち打ちって放っておいても治るの?

 

A.それどころか悪化することさえあります。

症状が軽い人はどうしてもむち打ちを軽視してしまいがちですが

衝撃を受けた首は組織が傷んでいたり弱っています。

なので早期に医療機関に受診し適切な処置を受ける必要があります。

また、症状が2~3日後、遅い人では1~2週間後に出てくることがあるので

事故直後に症状が無くても注意が必要です。

 

 

Q.治療を重ねてだいぶ良くなったのでもう通わなくても大丈夫?

 

A.痛みが和らいでも勝手な判断は危険です!

痛みが和らいでいると、人はつい無理をしてしまうものです。

 

もし痛みが和らいでいたとしても、事故による衝撃でまだ組織は治りきっていないことがあります。

そこで無理をしてしまうと症状の悪化につながる恐れがあります。

 

勝手な判断をせずにまずはあなたの身体の状態を

しっかりと把握している担当者に相談してみて下さい。

 

Q早く治したいので積極的に運動を行おうと思っていますが

実際のところは良くなるのですか?

 

A.事故に遭った直後は安静が一番です。

ただ、症状も良くなり、日常での動きが問題なく行えるようになったら

適度な運動を始めてもよいでしょう。

その際も一度担当の先生に相談するとよいでしょう。

 

 

今回はここまでです。

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

 

脳脊髄液減少症について。 徳島県阿南市 阿南坂口鍼灸整骨院

2018年02月3日

こんにちは。

 

徳島県阿南市にある、阿南坂口鍼灸整骨院です。

 

前回に引き続き、「むち打ち症」の症状についてお話します。

 

 

前回のブログで「むち打ち症」の症状は5つの分類に分けられる、

 

ということをお伝えいたしました。

 

今回は、その中の一つで、

 

「脳脊髄液減少症」についてお話します。

 

「脳脊髄液」とは、

 

人間の脳や脊髄にある無色透明な液体で、

 

主に脳や脊髄を衝撃からから守るクッションの役割を担っています。

 

この脳脊髄液が、交通事故やスポーツ外傷などの外力によって、

 

脳内に強い圧力がかかることで、

 

脳脊髄腔から漏れてしまうことがあります。

 

脳脊髄液は脳と脊髄を1日3回循環することで、

 

脳内の圧を一定に保っています。

 

しかし、外からの強い衝撃により、髄液が減少することで、

 

脳や脊髄内の圧を一定に保てず下がっていきます。

 

このため脳や脊髄の内圧が保てず、脳や脊髄に伸びる神経に影響が出てくるので、

 

頭痛、頚部痛、目眩、吐き気、倦怠感、腰痛、記憶障害、

 

頸関節痛、胃腸障害、頻尿、脱水症状などに襲われ、

 

日常生活や就労、学業などに支障をきたし、

 

不登校や就労不能になる恐れがあります。

 

「脳脊髄液減少症」は、MRIなどの様々な検査を行っても異常が認められず、

 

残念ながら医療現場では未だ認識が低いのが現状です。

 

患者さんが症状を訴えても、

 

うつ病などの精神障害や起立性調節障害、

 

自律神経失調症などと診断されてしまうことがあります。

 

一般の方の認知度はもっと低くなるので、

 

周囲からはだらしない、怠けている、仮病などと思われることが多く、

 

こういった状況が患者さんをさらに苦しめる状況になってしまうのです。

 

そうした周囲に理解されない患者さんの苦痛は、

 

体調不良に加え、精神面にも影響を与え、

 

日常生活を意欲的に過ごす力を減少してしまいます。

 

「脳脊髄液減少症」は、周りの理解が得られないだけでなく、

 

保険適用の問題も、患者さんを苦しめている要因の1つでもあります。

 

通常、私達は病気に罹った時、

 

「診療報酬制度」

 

つまり、「保険が適用されるかどうか?」

 

というのが大きなカギを握ります。

 

なぜなら、国民健康保険や共済保険や社会保険などの

 

強制加入の保険は、万が一病気になったとしても、

 

国が治療費の多くを負担してくれているからです。

 

すなわち「診療報酬制度」に登録されている病気というのは、

 

事実上「国が認めた病気」ということになり、

 

生命保険やその他の傷害保険、労災や自賠責保険に至るまで

 

その影響が出てきます。

 

しかし、脳脊髄液減少症は「国が認めた病気」ではないため、

 

患者さんは「脳脊髄液減少症」という病気だけでなく、

 

こういった治療費や保険の問題で苦しんでいるのです。

 

しかし、2011年5月、厚生労働省より、

 

「脳脊髄液漏出症診断基準案」がついに国に提出されました。

 

これは国が、「外傷を契機とした脳脊髄液減少症」について

 

推論上認めたとということになります。

 

では、どのような治療を行うのかを見ていきましょう。

 

発症早期の場合、まずは安静にし、

 

水分補給を行う保存療法がが有効です。

 

この保存療法が不十分な場合には、

 

「ブラッドパッチ療法」という方法を行います。

 

「ブラッドパッチ」とは、髄液を包む硬膜の外に自分の血液を注入し、

 

髄液の漏出を防ぐ治療です。

 

脳脊髄液減少症における、「ブラッドパッチ療法」の有効率は約75%で、

 

特に発生から治療までの期間が5年以内での思春期の発症症例では、

 

90%以上の治療効果が認められています。

 

脳脊髄液減少症や交通事故の怪我は早期に治療と相談を行うことが大切です。

 

少しでも気になることがあれば、専門医に相談し、適切な治療を行いましょう。

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

 

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

後遺症が残ってしまったら?? 徳島県阿南 阿南坂口鍼灸整骨院

2018年01月31日

 

こんにちは。

阿南坂口鍼灸整骨院の村井です。

 

風邪が流行っているみたいなのでマスクを着用するなど

 

予防を行ってくださいね。

 

 

 

今回は後遺障害の認定についてお話します。

 

交通事故に遭い、事故の治療を受け、半年以上治療を重ねてもなかなか良くならないケースがあります。

 

あるいは最初に比べると良くなってはいるものの、そこから継続してもあまり変わらないといった

 

症状が悪化もしなければ改善もしない状態に落ち着くことがあります。

 

 

このような状態を症状固定と言います。

 

 

 

事故後に適切な治療を受けなかった方に見受けられるものですが

 

 

中には日々継続して治療を受けているにも関わらず、このような経過をたどることがあります。

 

 

事故後に元々強い症状を訴えていた方や治療あまり変化がない方、仕事を休むことが出来ず、

 

怪我をしたまま身体に負担のかかる仕事を続けている方などは治りが緩慢で

 

症状が固定しやすいです。

 

 

数ヶ月通院しても痛みや痺れが改善しない場合、一般的には6ヶ月程度で

 

症状固定という診断が下されるでしょう。

 

 

 

では事故後の後遺症を認めるのはどこでしょうか?

 

 

 

後遺症の認定を行う機関は

 

第三者機関である 自賠責損害調査事務所 になります。

 

後遺障害申請の窓口は通常保険会社ですが、

 

実際に被害者にお金を払う保険会社が後遺障害の判断をするわけではありません。

 

 

次に申請方法についてですが

 

代表的な方法が2種類あります。

 

 

 

 

1.被害者請求による申請

 

2.事前認定による申請

 

 

 

 

1.は被害者側から自賠責保険会社に対して後遺障害の申請をする方法です。

 

2.は相手側の保険会社が代行する方法です。

 

 

 

両者を比較してみると

 

被害者請求では必要な者類を全て自分(被害者)で揃える必要があり、

書類によっては費用がかかることもあります。

 

事前認定では任意保険会社が必要な書類を揃えて申請してくれるので

被害者の手間が無くなります。

 

 

しかし事前認定の場合、保険会社が後遺症の申請を行うことになり、

必要最低限の書類に基いて申請するので

 

後遺障害の保障が低く評価される恐れがあります。

 

 

ですので相手側の保険会社に任せるのが不安な場合は被害者請求にするべきですが、

 

ご自身で書類を揃えて提出するのが難しい、または不安な場合は弁護士特約を使い、弁護士に任せるのがおすすめです。

 

 

後遺障害等級認定は書類のみの審査ですので書類の不備は避けたいものです。

 

こういった場面では専門家の力を借りると良いでしょう。

 

 

後遺障害の認定では等級により慰謝料

と逸失利益が支払われます。

 

逸失利益の算出の仕方は労働能力喪失表を用いて算出され

被害者の事故以前の収入、認定を受けた等級に応じた金額が支払われます。

 

慰謝料の算出の仕方は認定された等級に応じた金額が支払われます。

内容は事故による精神的、肉体的な苦痛に対しての補償です。

 

等級は1級から14級までありそれぞれに基準が設けられています。

もし認定に納得がいかなかったり、後遺障害認定がされなかった場合は

自賠責の保険会社に異議申し立てを行うことが出来ます。

 

ただ、認定そのものが書面のみでおこなわれるので医学的な証拠を示す書類がなければ

認定された等級が変わることはないでしょう。

 

他には裁判を起こすこともできます。

 

このような状況になる前に

後遺症が残りそうな、あまり改善が見られないと感じた場合は

 

早期に弁護士や治療家に相談しておいた方がよろしいでしょう。

 

 

では今日はこのあたりで終わります。

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

不慣れな交通事故のご相談には坂口鍼灸整骨院へ! (徳島県 阿南市)

2018年01月24日

 

こんにちは。

阿南坂口鍼灸整骨院の村井です。

 

 

先日なんと!

 

東京では凄い雪が降ったそうですね!

 

四国の徳島県でも場所によっては雪が降っているところもあります。

 

雪の日はやはり道路が凍結することで交通事故が多く発生する可能性が高いです。

 

徳島県でも雪の日にスリップ事故が立て続けに起こりました。。。

 

 

 

これからの季節、スタッドレスタイヤも備えておく必要がありそうですね。

 

 

 

また自分は準備しているが相手は準備していなくてタイヤが滑り、

こちらにぶつかってきた!なんてことも予想されますので

 

皆さん本当に気を付けて下さいね。

 

 

今日は不慣れな保険会社とのやり取りなど、お話をします。

 

 

交通事故にあってしまったらやることがたくさんあって

手を付けなければいけないことが山積みになってしまいます。。。

 

その中でも今回は治療費について考えていきます。

 

 

交通事故に遭ったらまずは病院に行き、治療を受ける為の治療費を

 

一般的には加害者に請求する形になるため、保険会社との交渉が必要になります。

 

 

その後、その保険会社とは賠償金額の交渉なども行う必要があります。

 

また、不幸にも後遺症が残ってしまった場合は後遺障害等級認定の手続きが必要になります。

 

 

 

こういったことは怪我の痛みに耐え、治療を行いながら並行して行うことになります。。。

 

 

 

 

そしてその交渉相手は加害者ではなく、加害者が加入している任意保険の担当者になります。

 

これは多くの方にとっては初めての事だと思いますので精神的にも負担になるかと思います。

 

 

多くの方にとって交通事故に遭うことは予期していなかった出来事にあたるので

 

交通事故に関する予備知識も持っていないのです。

 

 

しかし保険会社の方方は常日頃から交通事故に関わっておられるので当然ながら

 

交通事故に対する知識も経験も豊富です。

 

 

 

 

あなたは痛みに耐えながらそんな交通事故に詳しい任意保険の担当者と交渉しなければならないのです。

 

 

簡単に例えると、

 

被害者が全く経験をしたことのないスポーツを

 

ルールや戦術も良く知らないまま経験者とフェアに行わなければならないようなものです。

 

 

いかがでしょうか?なかなか嫌気がさしてしまいますね。

 

 

でもすべて一人で抱え込む必要はありません。

 

当院のような交通事故治療について認定をもらっている治療院や

 

弁護士の先生にご相談して頂ければいいのです。

 

 

こう言うと

たかが交通事故で弁護士?と思われる方もいるかと思いますが

 

 

こういう問題だからこそ弁護士に相談すべきですよ。

 

 

自動車保険には弁護士特約というものがあり、

 

あなたが加入している保険にも付いている可能性があります。

 

 

加入している保険に特約が付いているのに意外と知らない方が多いので

 

 

皆さんも一度保険会社に確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

そしてこの特約が付いている場合は弁護士の相談費用が

 

自動車保険が補償してくれるので被害者の負担はありません。

 

 

 

 

なのでまずはご自身が加入している保険に特約が付いているかを確認。

 

次にもし事故に遭ってしまった場合は弁護士にご相談しましょう。

 

 

解決策を提案してくれるだけじゃなく、手間のかかる書類などの準備や

 

様々な手続きを代わりに行ってくださるのです。

 

 

 

では事故に遭ってから、弁護士にいつ相談すればよいか?ですが

 

 

早ければ早いほどいいです。

 

 

事故現場で何をすべきか、こういったところからアドバイスをくれるでしょう。

 

 

今回はこのあたりで終わります。

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

むち打ち症について!徳島県阿南市 阿南坂口鍼灸整骨院

2018年01月19日

こんにちは。

 

徳島県阿南市阿南坂口鍼灸整骨院です。

 

寒い日が続いたり、悪天候の日が続いていますが、

 

如何お過ごしでしょうか?

 

まだまだ寒い日が続きますが、

 

体調管理には十分注意して過ごしましょう。

 

今回は、交通事故起こる

 

「むち打ち症」について書いていきます。

 

「むち打ち症」とは、

 

「外傷性頚椎捻挫」や「外傷性頚部症候群」

 

という正式名称があり、

 

頚椎部の捻挫により、首やその周辺に痛みが現れる

 

症状のことです。

 

原因として、車の交通事故での発生が最も多く、

 

次いで、スポーツや労働災害で多く引き起こされます。

 

「むち打ち症」の大きな特徴は、

 

事故のあったその日に症状が現れることは少なく、

 

事故発生から2~3日後か、

 

2週間経過したのちに首や肩の痛み、

 

肩のコリ耳鳴り、頭痛や目眩、吐き気など

 

様々な症状として現れてきます。

 

「むち打ち症」の呼び名の由来は、

 

第一次世界大戦の頃までに遡ります。

 

当時戦闘機に乗り込んだパイロット達が、

 

搭乗後に、頚部痛や上肢の痺れ、頭痛、吐き気、

 

耳鳴りなどの症状を訴える者が続出したことが起因とされています。

 

その原因を調べたところ、

 

発進時の加速と、着陸時の急な減速による

 

首への強い衝撃であることがわかりました。

 

その状態が「ムチのようにしなり打つ動き」に似ていることから、

 

「むち打ち症」と名づけられました。

 

現代では、「むち打ち症」の原因は

 

自動車事故によるものが増えてきています。

 

日本では、1950年代より、モータリゼーションの発達により、

 

自動車の保有台数が増加し、

 

追突による交通事故が続発したことにより、

 

「むち打ち症」になる人も急増していきました。

 

続いて、「むち打ち症」の種類と症状を見ていきましょう。

 

症状は大きく分けて5つあります。

 

・頚椎捻挫型

 

・根症状型

 

・バレ・リュー症状型

 

・脊髄症状型

 

・脳脊髄液減少症

 

です。

 

頚椎捻挫型は、「むち打ち症」の中で最も多い症状で、

 

頚椎周囲の筋肉や靱帯など、レントゲンでは写らない

 

軟部組織が損傷されたものです。

 

全体の70~80%を占めていると言われています。

 

頚椎捻挫型は読んで字の如く、

 

首の捻挫で炎症を起こしたもので、

 

頚周囲の筋肉や靱帯が過伸展されたか、断裂を起こした

 

状態を指します。

 

首を伸ばした際、首の後ろや肩の痛みが強くなったり、

 

首や肩の動きが制限されることにより、

 

首や肩が痛みを感じたり動きにくくなるほか、

 

首・背中のコリ、頭痛や目眩が起こります。

 

根症状型は、追突などの外力により、

 

頚椎に歪みが生じ、神経の通り道が狭くなることにより、

 

頚椎から出る神経が圧迫されることで、

 

様々な症状が現れます。

 

首の痛みだけでなく、腕の痺れやだるさ、

 

後頭部の痛みや顔面痛などがみられます。

 

バレ・リュー症状型とは、頚椎に沿って走っている後部交感神経が損傷し、

 

頚椎動脈が収縮することで、脳脊髄への血流低下が起こり、

 

その結果、交感神経が過度に緊張することで、

 

自律神経のバランスが崩れます。

 

頭痛が最も多く、特に後頭部の痛みです。

 

首の痛みよりも、頭痛から始まった時、

 

このバレ・リュー症候群が考えられます。

 

脊髄損傷型は、頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷つき、

 

下肢に伸びている神経が損傷されたりするもので、

 

所謂脊髄損傷のことです。

 

この症状は「むち打ち症」の中でも重症の部類に入ります。

 

下肢の痺れや知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。

 

また膀胱直腸障害により、尿や便が出にくくなります。

 

上記の4つ以外に、何らかの衝撃で髄液が漏れ出る、

 

「脳脊髄液減少症」があります。

 

「脳脊髄液減少症」は次回お話します。

 

もし、交通事故に遭われてどこに行けばいいか?

 

どうすればいいかわからないなどお困りのことがあれば、

 

むち打ち治療協会認定の専門治療院である、当院へ是非ご相談下さい。

 

 

お待ちしております。

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

 

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

交通事故による症状が良くなった! 徳島県阿南市 阿南坂口鍼灸整骨院

2018年01月12日

こんにちは!

阿南坂口鍼灸整骨院の村井です。

 

寒い日が続きますね。

 

先日の朝はなんと、車に雪が積もっていました!

 

もうそんな時期とは、早いですね

 

 

気温が下がり、道路が凍ってしまうとスリップして交通事故が起こりやすくなります。

 

天気予報のチェックも欠かせないですね。

 

 

 

 

さて、今回もむち打ちに関係することをお話します。

 

交通事故の治療を行う際に、まず二つ選択肢があります。

 

 

一つは整形外科に通院すること。

 

もう一つは接骨院・整骨院に通院することです。

 

そしてこの二つの医療機関はそれぞれ役割があり、

 

その役割を知った上で医療機関に通院してもらうと

 

「ここにきても全然良くならない」とか

 

「思っていたのと違う」などの

 

ギャップに悩むことも減ると思われます。

 

なのでまずはそれぞれの役割をもう一度おさらいしていきます。

 

 

 

整形外科ではレントゲンやMRIなどの画像診断が行うことができ、

 

交通事故の後はまず整形外科に受診されることをお勧めします。

 

ただしレントゲンのみでは筋肉や靱帯といった軟部組織は写らないので

 

むち打ちの症状が出ていても異常なしと診断されるケースもあります。

 

また、人身事故に切り替えの際は診断書を作成していただきます。

 

あとは、出血を伴ったり手術が必要な大きな怪我の場合は必ず整形や病院に行ってください。

 

 

 

次に整骨院ではレントゲンやMRIなどの画像診断は整形外科に任せる場合かおおいです。

その分、事故の状況や痛みや痺れが出ているところやその周辺を触診したり

徒手検査を行うことで実際にどこを痛めているか、どのような動きで痛みや痺れが出るか検査していきます。

 

レントゲンなどで異常なしと診断された症状(不定愁訴など)に対して電気治療以外にも手技を用いてアプローチできます。

 

このように整形外科と整骨院では役割も治療のできる範囲も違いがあります。

 

 

ご自身の症状に合わせて通院していただく必要があるのですが、わからなければ整形外科や整骨院に問い合わせをしてみてください。

 

最終的にどこに通院するかは治療を受ける被害者の意思によるものなので

 

自分に合った治療を受けてもらえればいいのです。

 

 

むち打ちに関しても同じことが言えます。

 

 

 

ただ多くの場合、

 

むちうち症ではレントゲンやMRIでは

異常がない場合が多いです。

 

 

そしてこの場合、病院・整形外科では

 

検査で異常がないものは治療を行うことができない。

 

もしくは最善ではない治療が行われる場合があります。

 

なので、最初は病院や整形外科に通院していた方でも後々整骨院に来られる方が多いです。

 

 

病院や整形外科で異常がなかった、症状がなかなか良くならない、という方は一度、整骨院にご相談ください。

あなたに合った治療をさせていただきます。

 

 

当院に来られている交通事故の患者さんに見受けられるよくある症状としては

・首の痛み

・肩の痛み

・腰痛

・背中の痛み

・頭痛

・手や腕の痺れ

・目眩

・吐き気

・肩や背中、首のコリ

・以前より疲れやすい

・身体のだるさ

 

などが挙げられます。

 

これらの症状もしっかりと通院していただくことで改善されていきます。

 

これらの症状を放ったらかしにしてしまったり、湿布を貼るだけではなかなか良くなりません。

 

痛み止めも飲んでいる間は痛みが和らぎますが

やはり胃に負担をかけたり、だんだんと効かなくなってくるといった声もよく聞きます。

 

怪我をされた時はすぐにお近くの医療機関で構わないので治療を受けて下さいね。

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

むち打ち症は良くなります! 徳島県阿南市 阿南坂口鍼灸整骨院

2018年01月10日

 
こんにちは!

阿南坂口鍼灸整骨院の村井です。

 

最近雨が降ったり風が強かったり急に気温が下がったりと身体がついていけずに疲れてしまいますね。

 

少しでもお風呂に浸かって芯から温まり身体を労わってあげて下さいね。

 

 

今回はむち打ちについてお話しします。

 

 

徳島県では車が無いと不便で、ほとんどが車に乗られると思います。

 

以前勤めていた海部の方でも交通事故に遭われた方がよくいらっしゃいました。

 

むち打ち症は正式には外傷性頚部症候群といい、その症状は様々なものがあります。

 

日本でむち打ち症が増え始めたのは1950年代からで

自動車の保有台数が増えたのをきっかけに

追突による交通事故が続出。

 

そしてむち打ち症になる人も増加していくようになり、

 

むち打ち症で悩んでいる方が多くなっていくのです。

 

むち打ち症では、この「悩んでいる方が多い」という事が問題になっていて

 

先程も述べたようにむち打ち症は頚部の痛みだけでなく

肩凝り、頭痛、手の痺れや震え、吐き気や目眩、耳鳴り、食欲不振、全身の倦怠感など

 

様々な症状を発症します。

 

そしてこういった症状がなかなか治らずに長年の後遺症に悩む方も少なくないです。

 

 

 

また、むち打ち症は治らないというイメージも強く治療を諦めてしまっている人もいます。

 

普通、事故に遭ったらまず治療に行くところは病院ですよね。

 

しかし病院では骨に異常が無いと判断され、異常が見つからなければ病院で行える治療も限られ、結局は湿布と痛み止めだけになってしまいます。

 

病院は検査に優れていますが、その検査で異常が見つからなければ治療が行えません。

 

むち打ち症はレントゲンには映らないのでどうしてもこういった対応だけになってしまうのです。

 

その為、根本から治すことができず、患者さん自身が諦めてしまうことが多く、治らないというイメージが強くなってしまったのです。

 

 

では交通事故に遭ってしまい、むち打ち症と診断された方々は良くならないと諦めたままでいいのでしょうか。。。

 

 

 

いえいえ、そんなことはあってはなりません!

 

出来るだけ早期に適切な医療機関で正しい治療を行なえばむち打ち症は良くなるのです。

 

 

 

むち打ち症の方々の悩みに向き合う治療院は全国に沢山あります。

 

そうした治療院は

むち打ち治療協会に所属していることが多く、インターネット上ですぐに見つけることが出来ます。

 

 

当院もその一つです。

 

是非近くの認定院に一度ご相談ください。

 

 

 

たとえ病院での検査で異常がなくても

患者さんの訴えを受け止め、

 

徒手検査や問診、視診、触診によって

実際に痛みが出ている原因を探り当て、

 

原因に対してしっかりと治療を行うことができます。

 

 

患者さんの症状に合わせて手技や電気治療を組み合わせる事で、症状の改善が出来るのです。

 

実際に治療院に来ていただき症状が良くなったという声をたくさん頂きます。

 

 

痛みはもちろん不定愁訴と呼ばれるもの、

倦怠感や耳鳴り、手足の痺れなどがある場合にも通院して頂くことが可能です。

 

痺れは特に放っておいても良くはなりません。

それどころか痺れる範囲や痺れが強くなってしまう恐れもあります。

 

交通事故に遭ってしまい、少しでも普段と調子が違う、何かおかしい、時間が経っても良くならないと感じるならば

 

すぐに適切な医療機関に行き、治療を受ける必要があります。

 

 

わからないことがあればお気軽にご相談下さい。

 

 

今回はこのあたりで終わります。

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

交通事故に遭ってしまったら??その3 徳島県阿南市 阿南坂口鍼灸整骨院

2018年01月9日

こんにちは。

阿南坂口鍼灸整骨院の村井です。

 

今回は交通事故に遭ってしまった場合のお話をしていきます。

 

 

 

もし交通事故に遭ってしまい、入院などになってしまったら生活費や治療費などの出費がかさんでしまい、

 

被害者の負担が大きくなるケースが少なくありません。

 

 

そんな時の為に救済制度があり、

 

これを仮渡金制度と言います。

 

 

仮渡金制度は示談交渉中でも、被害者が請求すると

 

一時金の前払いをしてもらえる、被害者救済のための仕組みです。

 

 

特徴としては

 

・請求は被害者からのみおこなうことができる(加害者の承諾は不要)。また、請求は1回のみ可能。

・加害者側から損害賠償金の支払いを受けていない場合に請求できる。

・保険金が支払われるときには既払いの仮渡金を控除した残額が支払われる。

・最終的な確定額より仮渡金の方が多い場合は差額を返還しなければならない。

・加害者側に損害賠償責任がないと判断された場合には返還が必要。

 

などが挙げられます。

 

急な出費に対し、立て替えが出来る制度なので皆さん覚えておきましょう。

 

 

他には

 

第三者行為による傷病届

 

というものがあります。

 

交通事故に限った話ではありませんが

 

第三者の行為(本人に責任がなく他の誰かに原因がある)によって

 

負傷した被害者が、ご自身の健康保険で診察を受ける場合には必ず提出しなければならない届け出ですのでこちらも覚えておきましょう。

 

 

次に自賠責の傷害慰謝料についてお話します。

 

傷害に対する慰謝料は

 

入院・通院1日につき4200円で

 

・実際に治療に通った日数×2

・治療期間

 

このうちの少ない方で計算します。

 

 

もう一つ、後遺障害慰謝料というのがあり、こちらは後遺障害の等級によって金額が決まるのですが、

 

長期の通院を必要としていて、実際に長期通院されて後遺障害が認められた場合のみ支払われます。

 

 

 

交通事故に遭うとなにかと手続きが多く、怪我を負った状態ではなかなか大変な作業となります。

 

警察とのやり取りや損保会社や加害者とも揉めるケースもあります。

 

そんな時にご自身の自動車保険に弁護士費用特約を付けていれば、弁護士を介入し、代わりに対応してもらうことが出来ます。

 

 

そもそも弁護士費用特約とは何か?

 

これは交通事故で自分が被害者の時にのみ使える特約で、事故の被害者の時にかかった弁護士費用を自分の保険会社が負担してくれるものです。

 

なので自分が加害者の場合は使うことが出来ません。

 

この特約を付けておくと交通事故の問題で弁護士に相談した時の相談料や示談の際にかかる費用、裁判の際にかかる費用などを保険会社が支払ってくれます。

 

被害者が弁護士費用を支払って依頼せずに済むので万一の時に備えてこの特約を付けておくと、様々な手続きでの手間が省け、精神的にも安心することが出来ます。

 

また、ご自身で判断した際に間違った対応をして、不利益に繋がることも少なくないので、弁護士に頼ることが出来るのは非常に心強いと言えるでしょう。

 

 

 

この弁護士費用特約の話をすると、

弁護士費用特約を使うと保険の等級が下がってしまうのでは?

と思われる方が中にはいらっしゃるかと思うのですが

 

弁護士費用特約を利用しても等級は下がることはありませんので安心した下さい。

 

このような誤解から弁護士費用特約を付けているのに利用しないことは、非常にもったいないです。

 

月々の自動車保険の保険料を上げたくない人でも

被害者の立場になった際には、安心して弁護士費用特約を利用すると良いです。

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

交通事故治療ついて 徳島県阿南市 阿南坂口鍼灸整骨院

2017年12月27日

こんにちは。

阿南坂口鍼灸整骨院の村井です。

 

今回は交通事故による怪我や症状に対して整骨院に来るメリットや

病院と何が違うのか、こういったところについて

お話ししていきます。

 

まず始めに

 

・当院は一般社団法人むち打ち治療協会に加入しており

 

交通事故治療認定治療院とされています。

 

 

いったい一般社団法人むち打ち治療協会とは何か?

 

 

・むち打ち症で悩む患者様の早期回復を目的とした認定院の紹介

・第三者機関の立場での、高い技術を持つ全国の治療家の認定

 ・患者様に対する法律関係のサポートの提供

・(財)交通遺児育英会を通した募金活動や

脳脊髄液減少症の啓発活動をはじめとした社会貢献活動

 

などに取り組まれている団体です。

 

交通事故治療認定治療院とは

むち打ち治療協会から認定を受けた医療機関ということになります。

 

ですので交通事故に対して様々なサポートを提供することが出来ます。

 

 

 

 

 

・当院は予約制となっておりますので初めての方は電話でご予約をお取りすることが出来ます。

 

診療時間ですが

 

平日は最終受付が20時となっております。

土日祝日が17時30分となっております。(来年から変更があり、日曜日と祝日が8時15分~12時までとなります)

 

・治療費は自賠責保険や任意保険など

交通事故に関する自動車保険が使えますのでご安心ください。

 

・整形外科を受診しながらの通院や他の医療機関から転院することも可能です。

 

交通事故治療では整形外科と整骨院の併用が可能です。

 

 

 

 

・複雑な保険会社とのやりとりを患者様の代わりに行います。

 

交通事故の知識を持ったスタッフがかんじ

 

・交通事故治療の専門家による安心かつ適切な治療で

 

多くの治療方法からベストな施術を受けることができます。

 

 

 

 

先程、整形外科と整骨院は併用が出来ると書きましたが

 

一体、整形外科と整骨院で何がちがうのでしょうか。

 

 

この二つにはそれぞれ役割があります。

 

 

まず整形外科の役割としては

 

・複雑な骨折や出血が多いなど、手術が必要とされるような重症な怪我の治療

・レントゲン撮影やMRIでの精密検査

・診断書の作成

・湿布や飲み薬といった痛み止めなどの薬の処方

 

これらが挙げられます。

 

次に整骨院の役割としては

・手技を用いた治療法で施術者とマンツーマンで身体のケアが行なえる

・レントゲン撮影やMRIでは異常が判断しづらい症状に対しての治療がおこなえる

・患者様の身体的、心理的な苦痛を熟知している

・保険会社とのやり取りを患者さんの代わりにおこなえる

 

 

などが挙げられます。

 

事故にあった方の中にはMRIをとらず、レントゲンのみで終わってしまいますが

 

筋肉や靭帯といった軟部組織の異常はレントゲンではわからないのと

 

筋肉などの軟部組織に対しての治療は病院で行なっているところは少ないのが現状です。

 

もっというと筋肉の中にできる硬結という痛みを引き起こすしこりや

 

筋肉のこわばりはMRIでも見つけることが出来ないので

 

実際に痛みが出ている部分を触るという

 

触診が重要になります。

 

 

 

整骨院にはどの様な時に通えばいいのか、まだまだ知らない方もいらっしゃるので

こういった所を参考にしてもらえれば大丈夫です。

 

 

なので怪我の具合や症状の程度によって通うべき医療機関も変わってきます。

 

 

それぞれ得意とする怪我や症状があるので病院に通ってもなかなか改善されないという方は是非お気軽に当院までご相談下さい。

 

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

●垂水坂口鍼灸整骨院・整体院

 

阿南市阿南坂口鍼灸整骨院整体院のメニュー